臨床工学技士に特化した日本初のWebメディア『フォリスタビズ│forista biz』

【臨床工学技士インタビュー】「興味と向上心さえあれば一人前の臨床工学技士に育てます」特定機能病院として地域に先駆けた先端医療機器の導入、高度医療技術の提供を担う 岩手医科大学附属病院

岩手医科大学附属病院 本学は、1897年に学祖三田俊次郎先生が私立岩手病院と医学講習所を創立して以来、岩手の地において高度医療、医学教育、医学研究に邁進し、2017年に創立120年を迎えました。この間、医療制度改革、東日 […]

【臨床工学技士インタビュー】透析室以外のサポート業務拡大中。ロボット支援手術サポート業務も経験でき、地域で唯一の救命救急センター・藤枝市立総合病院

藤枝市立総合病院 昭和25年3月に共立志太診療所として開設し、昭和29年3月、藤枝市立志太総合病院に名称を変更。平成7年4月、現住所への新築移転とともに藤枝市立総合病院へと名称変更を行い現在に至ります。 藤枝市立総合病院 […]

【臨床工学技士インタビュー】子どもらしい笑顔を取り戻したい!ローテーションで全業務習得できる東京都立小児総合医療センター

東京都立小児総合医療センター 当院は、2010年3月に、清瀬小児病院、八王子小児病院、梅ケ丘病院(精神科)、府中病院小児科が府中の「多摩メディカルキャンパス」の地に移転統合し開設されました。からだの病床359床に加えて、 […]

【臨床工学技士インタビュー】色んな業務が出来るから理解が深く楽しい!5年で一通りの業務を習得し、ドクターには学会や進学に協力頂けて、幅が広く奥の深い業務習得が出来る旭川医科大学病院臨床工学技術部門

旭川医科大学病院 2024年4月から始まる医師の働き方改革が、いよいよ目前に迫ってまいりました。これまでよりも短い勤務時間でこれまで通りの病院機能を維持するためには、医療の効率化を最大限行う必要があります。そのためには、 […]

【臨床工学技士インタビュー】ゼネラリストとスペシャリストの両立をめざす、東部の医療を支える東京都立墨東病院

東京都立墨東病院 当院は、1961年4月1日に、伝染科病院の旧本所病院と普通科総合病院であった旧墨田病院とを統合し、区東部における唯一の公的医療機関として開設されました。1999年には築地産院が当院の周産期センターに移転 […]

【臨床工学技士インタビュー】医療の質を上げるため、多職種連携でCE主導のタスクシフトシェアを推進、業務拡大を続ける臨床工学技士の活動が盛んな永井病院

永井病院について 永井病院は1947年2月16日に開設され、以来約75年にわたり、三重県津市で二次救急指定病院として医療を提供しています。その歩みの中で2015年に新病棟の建築、2017年に救急専門病床の新設、2023年 […]

【臨床工学技士インタビュー】平均年齢27歳の若い臨床工学部で、やりたい業務に就かせて、教育ラダーで成長を確認出来る手稲渓仁会病院

手稲渓仁会病院 (ていねけいじんかいびょういん) 当院は1987年の開院以来、地域住民の皆さまから頼りにされる病院として、同時に質の高い急性期総合医療を提供する病院を目指して、職員一同、日々研鑽しております。 その結果、 […]

「令和6年能登半島地震」に関して

令和6年1月1日に最大震度7の本震とする地震が発生し、能登半島を中心として、甚大な被害が発生しております。 深く地域の皆様にお見舞いを申し上げます。 北陸地域は高齢化とともに在宅医療が進んでおり、医療機器が個人宅へ貸し出 […]

【臨床工学技士インタビュー】兼務体制による業務間フォロー体制を行っている市立室蘭総合病院。臨床工学技士の増員・業務拡充を行い、医師の働き方改革および看護師不足による業務衰退(症例件数や患者数の制限)を出来る限り無くす為の取り組み!

市立室蘭総合病院 明治5年に前身である診療所を元室蘭に開所して以来、北海道西胆振(にしいぶり)圏域の基幹病院として室蘭市をはじめとする近隣市町村住民に高度医療を提供しています。また、平成9年6月には現在地に移転新築し、「 […]